top of page
  • 執筆者の写真Emi Norimatsu

ざんねんなおとな

「ひとりで外食が出来ない」という残念な大人を自称しております乗松です。

お店の人とお喋りするのが本当に苦手で・・・ということが一番の理由だと思っていたのですが、最近、レッスン室の近くで、唯一ひとりで外食できるお店を見つけたのです。

そのお店は「夜の大人ランチセット」みたいなメニューがございまして、一人でもちょうどよく色んなメニューをいただけます。


・・・と、そこで自分の外食記憶を振り返ってみると「やらかした」外食歴、全て、自分のメニューチョイスのセンスのなさが招いていたということに改めて気づいてしまったのですww

食いしん坊なので、色んなメニューを食べたいと思ってしまうのですが、一人で入店して食べられる量は限られております(まぁ、たくさん頼んでしまっても余さず全て食べますw)


ということで、最近の一番の「やらかし」、近所のオシャレな某イタリアン居酒屋さんで起こった悲劇をご紹介いたします。


その日は前出の「唯一ひとり外食が出来るお店」が満席で入れませんでした。もう自炊する気力がなかったわたくし👹が近隣をふらふらと彷徨っていたところ、あるじゃございませんか、オシャレ居酒屋さんっぽいイタリアンのお店が。

👹「・・・オシャレだ😱・・・そして、カウンター席・・・これはわたくしにはハードルが高すぎるのでは・・・しかしお腹が空いた、もう耐えられん🌀」

と、おそるおそる入店すると、とても感じの良いお姉さん👩が接客してくださり、オシャレなカウンター席に通して頂きました。カウンターには私一人で、奥のお座敷席っぽいゾーンにはグループのお客さんがいらっしゃる感じでした。カウンターとはゾーンがちゃんと分かれているので、不審な一見客👹の存在にグループのみなさんは気づいておられないご様子。ほ。

カウンター奥のキッチンは見えないようにレイアウトしてあって、初心者🔰に優しいお店の作り!

👹「こ、これはありがたい・・・」

とりあえず飲み物を、ということで「黒ビール」を注文して、メニューを眺めていると「特製サルシッチャ」という何とも魅惑の文字がわたくしの心を射抜きました。サルシッチャはイタリアのソーセージで、以前とっても美味しいものを頂いた記憶が蘇り、即注文。併せて、チーズの盛り合わせを・・・何種類にしようか迷ったので、お店のお姉さんに聞いてみることに。


のりまつ(以下、👹)「このサルシッチャとチーズの盛り合わせ、量は多いですか?」

お店のお姉さん(以下、👩)「多いと思いますよ」

👹「じゃ、チーズ盛りを5種類行きたいところを3種にしておきます」

👩「・・・大丈夫ですか?」

👹「?(大変元気よく)はい!」


その頃、自宅で半生のサラミで晩酌することがブームだった私は、勝手に脳内で「サルシッチャ=生っぽいサラミ」と誤変換していたのです。サラミ大好きだから、独り占めして食べられるなんて幸せだわい、などととんまな妄想をしておりました


そして、到着したのがこちら

注:食べる人は、私しかいません

👹「ほんとに・・・多いですね」

👩「・・・はい」


そう、よくよくメニューを見ると、ちゃんと書いてあったんです

「特製サルシッチャ=特大ソーセージ」と。。。

この、2〜3人でシェアするのに十分な量を、ひとりでたいらげるハメに・・・

のりまつ👹本来の計画

①    サルシッチャとチーズを軽く前菜にビール

②    メインにパスタかお肉メニューでワイン

という理想絵図を描いていたはずが「全く軽くない前菜」のみで胃袋終了してしまいました

自宅に戻ってから胃薬飲みました・・・😭


ほんと「人は自分に都合の良い情報しか読んで無い🤣」をこれ以上ないほど体現してしまっている、正に、ざんねんすぎるおとなです👹


後から思い返しても、せっかくイタリアンのお店に行ったのに、

 飲み物→黒ビール

 食べ物→ソーセージとチーズ

ということで、イタリア料理でもなければお店のシェフのお料理らしいお料理を1品も食べられず帰ってしまったアホすぎる失礼客でした。申し訳なくて、そのお店、もう行きづらいわぁ・・・😭


翌日、同僚先生にご報告したら大爆笑していただきました。まぁ、笑いになってくれたのがせめてもの救いか・・・。

意図せず身体を張って笑いをもとめてしまうざんねんなおとな。。。


だいぶ昔に、遠征旅行した滋賀のイタリアンでも、ひとりランチに行って生ハムメロンを前菜に頼んだつもりが、とんでもない量が来て、後から来たカップルに3度見されたという前科があります。。。


そう、わたくし、悲劇的にメニューチョイスのセンスが無いのです😭

どなたかに同行していただいて制止していただかなければ、注文の暴走がとまらないのです🤪

だから「ランチ」とか「コース」とか、あらかじめお店が設定してくださっているメニューがあるお店じゃないと、これでもか、というほどやらかしてしまうのです

うむ、ざんねんすぎるオトナ・・・


ランチはともかく、「コース」と言われるメニューをしょっちゅう注文出来るセレブリティではございませんので、夜は自宅でひとり晩酌がほとんどですw


ということで(?)ランチなら行ける!と、先日ふと思い立って台湾料理のお店にランチ突撃しました!

楠木町にある黄さんの家さんで「台湾セット」を頂きました。

ミニチャーハンと白い担々麺、小籠包・焼売・春巻きのセット

お昼からボリューム満点、お腹いっぱいでございます。セット、ありがてぇ💗、でございます。

麺の味わいが、大学の寮の最寄駅「西武新宿線 上石神井駅」近くにあった台湾料理のお店のラーメンを思い出させてくれる感じで、なんとも言えない懐かしさを満喫しながら頂きました!他にも食べてみたいメニューがいっぱい!特に、スイーツメニューの名物かき氷は、また改めて食べに行きたい!😆


帰り際に、店内で売られている台湾のお菓子と杏仁茶を買って帰りました。

他にも色んなお菓子が置いてあって・・・勇気を出して、ずーっと前から食べてみたいと思っていたお菓子「ドンスンビン 冬筍餅」がないか、お店の人に聞いてみました。


わたくしがいま大好きなYouTube「有隣堂しか知らない世界」で紹介されていた、タケノコのクラッカーです。


お店の人が仰るには、お店での取り扱いは無く、台湾から取り寄せることも出来なくはないが、物凄い高額になっちゃいますよ、とのことでした。残念。



諦めきれず、帰宅後に検索してみたら、カルディでお取り寄せできるみたいです。

でもお品代の倍以上送料がかかるぅ🤣まぁ台湾から取り寄せるよりはだいぶお得なんだと思いますがw


やっぱり東京に行った時に日本橋の誠品生活まで買いに行くしかないかなw

閲覧数:54回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page