• Emi Norimatsu

Turandot公演、同時LIVE配信決定です!

更新日:2021年9月20日

2021年9月11、12日 広島JMSアステールプラザで上演予定の広島シティオペラ公演《トゥーランドット》の同時LIVE配信が決定いたしました!



公演は予定通り、会場の客席数を50%に制限して広島JMSアステールプラザで上演されますが、緊急事態宣言の中、外出を自粛されていらっしゃる方々も、遠方の方でもどなたでもご自宅で安心してご覧いただくことができます。アーカイブ配信もございますので、生配信のお時間にご覧いただけない場合も3日間はいつでもご覧いただけます。


乗松は9/12公演でトゥーランドット姫を歌わせていただきます。


9/12 (日) 14時開演

トゥーランドット姫 乗松恵美

カラフ       上本訓久

リュー       河部真里

ティムール     浜田嘉生  

他のキャスト詳細につきましてはこちらをご参照ください


🌼ライブ配信 チケットご購入方法

・ZAIKOに無料登録いただき、公演日を選んでチケットをご購入ください。

・ライブ配信チケット 3000円(手数料が300円かかります)

・チケット紹介者欄に「乗松恵美」と書いていただけると有り難いです


詳細につきましては下記をご覧ください。

手続きの方法なども、詳しくご説明動画がございますので、ご参照くださいませ。


【広島シティオペラ トゥーランドット LIVE配信用サイト】

https://hiroshima-cityopera.zaiko.io/e/hiroshima-cityopera-turandot



トゥーランドットは「氷のように冷たい姫君」と言われるように、求婚者に謎解きをしかけ、謎が解けなければ例外なく全員を処刑する、という冷酷な仕打ちを続けている人でした。

彼女の根底にあるものは、何だったのか。


昔、先祖であるロウ・リン姫が治める国は外国の苛烈な侵略を受け、ロウ・リン姫は狼藉者に殺されてしまいます。トゥーランドットはロウ・リン姫の無念さと、かつて国中で起こった殺戮の惨劇を2度と己の民に繰り返さないために、無遠慮に自分を求めようとする求婚者たちを容赦無く処刑してきました。

求婚者たちの「命を投げ打てば どんな望みも許されるという思い上がり」に、かつての狼藉者たちの姿を重ね、怒りに燃えるトゥーランドット。


国と民を守るための「正義」を粛々と全うしてきたトゥーランドットは、カラフの登場により、

自分が信じて押し通してきた信念の裏側に押し殺してきた「多くの命 多くの家族の嘆き」の存在に気がついてしまうのです。

・・・それは、かつて先祖たちが味わった哀しみと同じもの。


「平和」と言う言葉は、美しいです。

かけがえなく、守るべきもの。

しかしこの「べき」が集まり、「信念」「正義」という鎧を纏うと、

おそろしく攻撃的なものに変質してしまうと思うのです。


信念、正義、理想、誇り・・・一見美しいものですが「相手を想う心」が欠けてしまうと狂気に変わってしまうかもしれないもの。


「平和」は、自分の立つ場所だけでなく向こう側にいる人にとっても同じ穏やかで優しい時間が流れていないなら、虚しいものなのかもしれません。


被爆詩人原民喜が語った「死と炎の記憶に 良き祈りよこもれ」の「良き祈り」の言葉の重みを思わずにはいられません。


私は自分が演じようとしているトゥーランドットは、誇り高くあろうと必死に生きている「子ども」だと思っています。

自分の大事な人たち、家族である民たちを守りたい。それを脅かそうとするものは容赦しない。

必死すぎて、周りが見えなくてがむしゃらになっている人。


己の死に「良き祈り」をこめて見せたリューの存在が、トゥーランドットが無我夢中に握りしめていた拳をゆるめてくれたのだと思います

私の共演者である河部真里さんのリューは、そんな人です。

・・・昔からの大事な友人である彼女自身も、私にとってそういう人です(笑)いつもこんがらがった私の心をほどいてあったかくしてくれます。

10年以上の歌い手仲間の彼女ですが、なぜか同じ日のキャスティングになる機会が少なく、本当に念願!の共演です(笑)


たくさんの方々に、命を前にがむしゃらに生きようともがいている子どものトゥーランドットが

救われる瞬間を見ていただけたら、と思います。

9月12日、劇場でもライブ配信でも、みなさまのお越しをお待ちいたしております。





閲覧数:146回0件のコメント

最新記事

すべて表示