• Emi Norimatsu

琵琶湖畔〜冬の祭典 コンサート

更新日:3月13日


2022年2月20日(日)15時開演

※終演しました


フィガロホール  滋賀県大津市中庄1丁目16-14

 (京阪大津線 中之庄駅徒歩5分)

入場料 一般 6000円

 (Under12/500円 Over80/4000円)

全席自由(全40席完全予約制)


お問い合わせ 安田音楽制作事務所

出演

安田旺司(Bar)

福田可織(Piano)

楠永陽子(Sop)

藤田卓也(Ten)

乗松恵美(Sop)

プログラム

ミュージカル《レ・ミゼラブル》より 民衆の歌

カルダーラ《たとえつれなくても》

カッチーニ《アマリッリ》

ドゥランテ《愛に満ちた処女よ》

スカルラッティ《すみれ》

オペラ《蝶々夫人》より 初夜の2重唱

オペラ《ファウスト》より 宝石の歌

オペラ《ドン・ジョヴァンニ》より ナンパの2重唱

オペラ《ドン・カルロ》より 友情の2重唱

オペラ《ラ・ボエーム》より 別れの4重唱

武満徹《うた》

アンコール 琵琶湖周遊の歌


前日に続き、琵琶湖畔のフィガロホールでのコンサート、休憩無しの1時間強、ご静聴くださったお客様方、ありがとうございました!


なんとこの日は、当日の朝リハーサルから生配信されておりました(笑)


リハーサル中は全員マスクを外さず歌っておりました。みなさん素晴らしきお声なので、マスクあっても十分過ぎるくらいホールに響き渡っておりましたw

稽古合間のトークでやっぱり笑いすぎてw

楽し過ぎるお時間でございました。


安田音楽制作事務所さん(愛称「ヤスオン」さん)発足当初からお手伝いさせていただいているみなさんですので、12年続く共演者、ということになりますね😂

本当に楽しくて素敵過ぎる共演者さまたちでございますwww


ヤスオンさん名物

「本番中のお客様の撮影OKです📸✨」

のお誘いに、カメラをむけてくださる方々がございまして、出演者たち全力サービス中です(笑)

この日の私の担当曲は割とマジメな役が多く、さすがに歌っている間はカメラ目線ピース✌️は出来ませんでしたが、ヤスオン社長のMC中🎤は遊び放題でございました😂ww


オペラ歌手が歌う古典イタリア歌曲を1曲ずつ、というヤスオンさんには珍しいオーダーをいただき、わたくしはAmarilliを歌わせていただきました。Amarilliはわたくしの生徒さんたちには必ず最初に練習していただく曲で、普段小ウルサい注文をみなさんにお願いするだけに、ちょっとキンチョーいたしました(笑)大好きなバロック期の曲を歌うのはやっぱり楽しいです。

そして、蝶々さんの1幕フィナーレのデュエット、ラ・ボエームの4重唱などを歌わせていただきました。ずーっと歌いたい好きな曲ばかり😍


会場のフィガロホールさんは、ヨーロッパクラシカルな雰囲気がとっても可愛い素敵なホールで、この日も終演後のお客さまとの撮影会で、会場のあちこちでたくさん写真を撮っていただきました📸💗

こちらではご紹介できませんが、ご来場くださった皆様、ありがとうございました。


お客さま方をお見送りした後、私たちも記念撮影でございます♪まずは麗しの女子チームで💗👹

お客様のお見送りで立ちっぱなしだったキミドリの人👹は、腰痛のため椅子に座らせていただくという暴挙中です😂


そして!こちらの可愛らしい4年生ちゃんは、ヤスオンさんの息子さんです!

2日間、カメラマン&舞台スタッフさんとしてご活躍くださったんですよ。赤ちゃん👶の時から存じ上げているだけに、感無量ののりまつですw

「ちびっこを全力で触りたい病」のわたくし、

  👹「・・・4年生ならギリセーフやろw」

という勝手な判断により、むぎゅー!の撮影をさせていただきました(笑)しあわせ過ぎでございます😆 怯えつつ応えてくれた4年生ちゃん、ありがとう😍💗


ラブリーなママさんからのリクエストで、ほぼ10年前、4年生くんが赤ちゃんだった頃の演奏会でのお写真のポーズを再現!おっきくなったねぇ😆💗 可愛さはそのまま以上ですわ!😆


そして!コンサート後の恒例!(?)

偽装演奏写真📸「ありえない連弾伴奏の二重唱(笑)」


・・・こういう時のプリンスのサービスの良さ、ほんと癒されます😍

絵になるわぁ😆💗






怒涛のように過ぎた幸せすぎる2日間、お世話くださったスタッフの方々、

愛しい共演者の皆様、ありがとうございました!

みなさんと音を合わせられる日が、また早く来ますように!



閲覧数:75回0件のコメント
開催予定のイベントはありません