top of page
  • 執筆者の写真Emi Norimatsu

はつかいちニューイヤー・ガラ・コンサート2024




終演いたしました!

ニューイヤー・ガラ・コンサート2024

「はつかいち。モーツァルト、モーツァルト!」


2021年1月に無観客収録した公演をみなさまへ!

地域を誇るアーティストがお贈りする《きらめくモーツァルトの楽音》を華麗に!


開催日

2024年01月13日(土)

開演時間

14:00 (開場 13:15)

会場

ウッドワンさくらぴあ 大ホール

料金

全席自由

一   般 3,000円

18歳以下 1,500円 ※当日各500円増

※未就学児の入場はご遠慮ください


【出演】

音楽監督:松本 憲治

指  揮:山上 純司

ピ ア ノ:藤本 宏平

ソプラノ:枝松 瞳、工谷 明子、柴 久美子、乗松 恵美、平福 知夏、山口 水蛍

管 弦 楽:はつかいち室内合奏団“SA・KU・RA”


【曲目(予定)】

第一部 華麗な器楽曲の世界

  オペラ『劇場支配人』 K.486序曲

  ピアノ協奏曲第20番 ニ短調 K.466

第二部 絢爛に、煌びやかに、オペラの世界

  オペラ『フィガロの結婚』 K.492 序曲

 ○アリアの世界

  オペラ『フィガロの結婚』 K.492より

      「自分で自分が分からない」「幸せはどこへ」「恋人よ早くここへ」

  オペラ『ドン・ジョバンニ』K.527より

      「もう、判ったでしょう」「薬屋の歌」「あの男はわたしを欺き」

 ○重唱の世界

  オペラ『フィガロの結婚』 K.492より

      「開けてよ早く」「そよ風に寄せる歌(手紙の二重唱)」

  オペラ『コジ・ファン・トゥッテ』 K.588より「ああ、見て、妹よ」

 ○フィナーレ(全員)

  オペラ『フィガロの結婚』 K.492より フィナーレ


【プレイガイド】

ウッドワンさくらぴあ事務室

ウッドワンさくらぴあオンラインチケット

エディオン広島本店

チケットぴあ(Pコード:252-918)

ローソンチケット(Lコード:62422)


【主催】

廿日市市、(公財)廿日市市芸術文化振興事業団


3年越しの念願叶って、ご来場くださったお客様の前で演奏できたオール・モーツァルトプログラム!

私はDon GiovanniのDonna ElviraとCosi fan tutte二重唱のFiordiligiを歌わせていただきました。

Donna Elviraのアリアは、私にとってかなりプレッシャーな曲なのですが(笑)、一途がすぎるElviraの迷い悩みながら無償の愛を貫く覚悟を神様に祈るあのアリアは、毎回歌いながら、泣いてしまうのですが(笑)、本当に大好きです。

Cosi fan tutte二重唱は、可愛い後輩の平福知夏ちゃんとのデュエットで、いつも真摯な知夏ちゃん自身が可愛くて大好きで、ついつい大好きが溢れかえってしまって、本番もめちゃくちゃ楽しいデュエットになりましたww そう、彼女は母校東京芸大のだい〜ぶ下の後輩ちゃんになられるのです。

いつも「可愛いなぁ😍」と思ってニヤニヤしてしまうのですが、お声は本当に立派!なソプラノでいらっしゃるので、お若くても貫禄があります!1週間前の「アイーダ」は、アンサンブル相手のアムネリス様に大好きを表に出せない曲でしたので、仲良し姉妹役のCosiはなんぼ大好きが漏れても大丈夫!ということで楽しみすぎました(笑)



そしてー、今回も舞台上にイタズラなモーツァルト様が登場されました!

自分の出番前に、舞台袖から後ろ姿を拝見して心の準備をして「ヨシ、モーツァルトさんにびっくりしないぞ!」と意気込んで本番の演奏を終えて、お礼を申し上げようとモーツァルト様の方を見ると「とんでもない爆笑マスク」をつけて微笑むモーツァルト様が・・・🤣

思わず舞台上で吹き出してしまいましたww歌う前に気がつかなくて本当に良かった!

オールモーツァルト、オールソプラノのこの本番!終始楽しく幸せな舞台でございました!

ご来場くださいました皆様、ありがとうございました!

閲覧数:151回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page